朗読「空飛ぶ熱帯魚」

20代の頃に作った詩を朗読しました。

女性に人気のある詩です。が、今読み返すと笑える。。

タイトルからして、なんで熱帯魚が空飛ぶんだよ、と

思わず突っ込みを入れたくなりますが、

がまん、がまん。。笑


しかし、随所に迸る若い感性を感じます。

今でも夢いっぱいの不思議ちゃんですが、

20代の頃はさらに病的に夢いっぱいの不思議ちゃんだった。。


ということで、ご興味ある方は是非!



「空飛ぶ熱帯魚」


心あふれる夜は

空飛ぶ不思議な熱帯魚に乗って

思いのまま飛ばすのさ

銀河系の彼方まで


言葉あふれて辛いなら

いっそ詩にして謳えばいい

惑星までつらぬく声で


想いや言葉を、

詩に声に描くことで

世界を変えてゆけたら


指の先から緑が生まれ

空間から空間へ虹が射し

独りよがりな寂しさを抱えた者も

自らの手で扉を開く日が来る


ひどく簡単なものを

難しくしないで五感で感じて


この広い宇宙の果てまで

泳いでゆけばいいのさ

飛んでゆけばいいのさ

詩は有声の絵、絵画は無声の詩

~吟遊詩人~オンディーヌのblog

0コメント

  • 1000 / 1000