隠者の宿命

詩を書くということは
こころを見つめるということです。

一点を凝視し続けるように自分のこころ、
或いは他人のこころの深部を探ってゆくと
じんわり広がるように模様が
それぞれの形に焙り出されてゆきます。

焙り出されるまでは
じっと目を凝らし息をつめその間、
音の無い状態であることが望ましいのです。
だから詩人にはひとりの時間が必要で、
時に隠者のように身を隠している。

しかし、自分のこころなら未だしも
他人のこころを覗くと当然ながら
いやがられます。笑
だから詩人のモデルになる人は
並大抵の精神力では保たないと思います。

誰もが詩人のモデルになりたがるけど、
心なんて覗かれない方がいいに決まってます。
もしも詩人から関心を強く持ってもらえない
としたら、それは思いやりに他なりません。

ちなみに私には二人モデルが
いるにはいますが、
どちらも狂人すれすれだと思ってます。
そしてこころを暴く側のわたしも。

詩は有声の絵、絵画は無声の詩

~吟遊詩人~オンディーヌのblog

0コメント

  • 1000 / 1000