詩の原点

画像:https://jp.pinterest.com/pin/498492252482455068/


いつからか忘れましたが、

ずいぶん長く詩の方向性に迷っていました。

可愛らしく爽やかにまとめた方がいいのか、それとも

テクニックもへったくれもなくただ

生々しい感情を吐露するだけような詩を連ねるのか。


結局迷いに迷った末、後者を選びました。笑

なぜなら気性の鋭く烈しい私には、

前者のスタイルは到底無理だと思ったからです。


ところで、若い頃から私には

皮肉屋の男友達が高い比率で存在しました。

女子にはいいこが多いのに対して男子は、

まったく小憎たらしい性格の人が1人は必ずいました。。

もちろん優しく出来のいい男の子もいましたが、

つるむのはなぜか皮肉屋の方でした。そのせいか、

女の子が思うほど男子というのものは女性を神聖視していない、

ということを私はいやというほどよく知っています。


そして彼らは私の詩に対してもやたら難癖をつけてきます。

綺麗事でまとめようものなら鼻で嗤われる始末です。笑

そんな昔のことをふと思い出し、

やっぱり後者のスタイルでいこうと決めました。


おもいつくまま気のむくまま、これからも

形式に囚われず縛られず書き綴ってゆこうと思います。




詩は有声の絵、絵画は無声の詩

~吟遊詩人~オンディーヌのblog

0コメント

  • 1000 / 1000