ロミオとジュリエット

制作費10億円をかけた本場イタリアでのオールロケの

超豪華なロミオとジュリエット観ました。

原作に忠実とあって、ヴェローナをはじめとするイタリアも、

ジュリエット役もロミオ役も何もかも美しい。。


若い二人の恋は悲劇的かつ喜劇的でもあり、

とても情熱的で、恋とはこういうものだ、これこそが恋なんだ

そう思わせてくれる愛憎物語です。

こんな美しいロミオとジュリエットは初めて観ました。

DVD買いたい。。


ところで、今年は原作者である英国の文豪シェイクスピアの

生誕400年にあたるそうで、イギリスでは

年明けからさっそく盛り上がっているそうです。

各地でイベントも開かれているそうなので、

今年はイギリス旅行に行きたいな~





詩は有声の絵、絵画は無声の詩

~吟遊詩人~オンディーヌのblog

0コメント

  • 1000 / 1000