ケルトの口頭伝承

曲:Scarborough Fair  歌:星森涼音


私のアーティスト名刺には肩書きが「吟遊詩人」とありますが、

名刺を渡すたび、吟遊詩人の方に初めて会いました!とか

吟遊詩人って何をする人なんですか?と聞かれることがあります。笑

では、詩人と吟遊詩人は何が違うのでしょうか。


元々私は詩人でした。銀色夏生や谷山浩子を級友に薦められて

19歳から詩を書き始めました。しかし吟遊詩人としては(?)

さらに歴史は長く、中学生の頃からスカボローフェアばっかり歌ってた。

この歌はケルトの古歌で、「エルフィンナイト(妖精の騎士)」という

歌が起源らしいのですが、それをサイモン&ガーファンクルがアレンジし、

今やサラ・ブライトマンやヘイリーに歌い継がれることとなる

スコットランド民謡の名曲中の名曲です。


この、サイモン&ガーファンクルによって楽譜というものが生まれる

その前までの、ずっと歌のみでケルトの伝説を語り継ぐという、

その語り部的仕事が「吟遊詩人」のお仕事となります。

それで私も、詩を書くよりもスカボローフェアやグリーンスリーブスを

歌っている時間の方が長いということで、詩人から吟遊詩人に肩書きを変えました。

そんなことで今後はより吟遊詩人らしく?自作の詩と平行しつつ、

ケルト民謡の動画やアーサー王や湖の乙女のお話や、曲のいわれなど

紹介できたらいいなと思っております。

これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

詩は有声の絵、絵画は無声の詩

~吟遊詩人~オンディーヌのblog

0コメント

  • 1000 / 1000