詩を必要とする時

画像:https://www.pinterest.jp/pin/498492252486742264/


イベントを控えて、久しぶりに昔の自分の詩を読みました。

最近忙しかったせいか、不思議と癒されました。

多分読んだのが、今までの人生でいちばん暇だった時期に

書いた詩だったからかもしれない。


なんというか、私の詩は様々なスタイル、というか

様々なテンション?(笑)で書かれていて

統一感がないのが特徴的ですが、(たぶん気まぐれな性格のせい)

それでものんびりしていた時期の雰囲気というのは

なんとなく詩に出ていて、それで安らいだのかしら。


でも、もしかしたらそう思ってるのは

その詩がどの時期に書かれたか知っている本人だけだったりして。


そしたら、私以外の人が自分の詩を読んだとき

どんな風に感じるものなんだろうとちょっと興味が湧きます。


できれば、幻想的な詩でも日常を描いた詩でも、

この世の表裏一体というか、美しいだけでない

善いことだけでもない、割り切れないこともある、

それでいて物語のように終わりがあるわけでもない

やるせないまま人生が続いてゆく

けれど、生きてゆかなくてはいけない、そんな

すっきりしないことも多い世の中かもしれないけれど

皆、多かれ少なかれ、そういう感じだから

いい意味で諦めよう(笑)という意図を感じ取ってもらえたら

いいなとなんとなく思っています。。


ちなみに最近の私は、なんの葛藤もなくへらへらと生きてますが

忙しいとそれなりに疲れます(たぶんイベントを控えているせい)。

そんなとき、詩は心の潤滑油になります。


今日は東京とその周辺は雨ですが

秋の夜長に詩集を開くにはうってつけな日。

そんなひとときに、自分の詩集を選んでもらえるように

出来れば珠玉の作品だけを残したいと思う今日この頃です。





詩は有声の絵、絵画は無声の詩

~吟遊詩人~オンディーヌのblog

0コメント

  • 1000 / 1000