Moon Road

小さな私の役目は

誰かが夜ごと

海に流す涙を拾い集め


それを特別な土曜日

月に続く道を辿って

女神に捧げることです


彼女は私から

涙の壺を受け取ると

ひとつずつ器用に

涙を数珠に繋げ

空へと投げるのです


涙は弾けて星となり

夜空を飾ります


人の生きた証のような

星々はこの天上でも

瞬きするごとに

涙の匂いがしてきます

詩は有声の絵、絵画は無声の詩

~吟遊詩人~オンディーヌのblog

0コメント

  • 1000 / 1000