ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展

先々週のことですが、ピーターラビット展観に行って来ました!

めちゃくちゃ楽しみにしていたので、観れてすごい感動!

何がいいって有名な絵の数々ももちろん素敵なのですが、それ以上に

直筆の風景のスケッチがよかった。私もあんな風に描いてみたい。

それにしても、ビアトリクスは絵の才能以外にも色々才能があるんですね。

まずデザイン。細密の絵を描く人ってデザインを得意としないイメージが

あるのですが、彼女はちがった。。デザインもしていた。上手かった。

細密の絵とデザインの違いは何?と聞かれたら、上手く言えないのですが、

例えるならトリックアートを単純化してデフォルメしたのがデザイン?

飛び出す絵本みたいな感じかな(ちがうか。笑)。

ともかく、それをキャラクターを商品化する時などに生かしていました。

ポストカードやボードゲームなどで。

あとはヒルトップ農場を競りで買ったり(これは映画で知ってました)。

キノコの研究に勤しんだり、と、趣味が充実しております。

いちばんすごいと思ったのは、過去にブログで何回か紹介しているミレイ

(どういうわけか、あの記事「ラファエル前派(後編)」

さらに遡って「絵画は無声の詩 」は私のブログの記事の中では大変人気。

ありがたいことです。なむ~)とビアトリクスのパパはお友達。

彼女は家に出入りするミレイに、早くから才能を認められていたそうな。

偉人は出生からして凡人とはちがいますな。。


ところで、ピーターラビットの絵本で一番のお気に入りは

モペットちゃんのお話とトムのお話です。(どっちも猫の話じゃん)

白いドレスを着たモペットちゃんがあまりに可愛ゆくて

キュン死ものです。猫好きにはたまらないツボを押してきます。

(もちろんピーターも大好きですよ!)

そういえばDVD上映会で、おディーン様(何で「お」が付くの?)が、

流暢な英語でピーターラビットの読み聞かせをしてくれています。

ほんの数秒ですが、それだけで彼のファンになりました。笑



詩は有声の絵、絵画は無声の詩

~吟遊詩人~オンディーヌのblog

0コメント

  • 1000 / 1000